日給が高い現場でポジティブに働こう

正社員は就業規則により就業時間と就業日、休日などが決められています。

日給で決まるときに残業があるときの給料

日給が高い現場でポジティブに働こう 正社員は就業規則により就業時間と就業日、休日などが決められています。1日8時間、1週間40時間以内になるように決められています。決められた時間を超えて仕事をした時にはそれに応じて残業代が支払われます。法定労働時間以内なら通常の賃金、法定外の場合は一定の割り増しが行われて支払われます。その他深夜、休日などでも割増しの賃金が払われることがあります。

日給で決められている仕事の場合、時間が決められている場合、あいまいな場合があるかもしれません。どちらにしても労働時間は決められています。そしてその範囲内ならその賃金をもらうことができます。8時間であろうと7時間であろうと最初に決められた時間以内なら受けることができます。もし7時間と決められていて1時間多く残業したときに給料はどうなるかです。

契約よりも1時間多く仕事をするのでその分もらえそうです。一方で法定労働時間内になっています。この時には事前に何時間働くことで契約しているかがポイントです。それを超えれば法定労働時間内であろうと残業代が支払われます。そして8時間を超えると割増しも行われます。日給として固定されているので長く働いてもそれだけと勘違いするかもしれませんがそうではありません。

注目の情報

Copyright (C)2019日給が高い現場でポジティブに働こう.All rights reserved.